検索
  • siturae

国宝


根津美術館に尾形光琳さんと鈴木其一さんの屏風を見に行ってきました

例年燕子花の開花に合わせての5月開催なのですが5月は身動きとれず諦めていましたが

やっと時間ができ見に行くことができました

写真撮影禁止なので写真はありませんが、尾形光琳の国宝燕子花図屏風は、総金地の大画面に青と緑の絵の具をふんだんに使い、燕子花の群生が描き出されています

構図と視覚効果を巧みに使い分け描かれているようです

さらに感動したのは、同じく光琳さんの、夏草図屏風  構図と観察力・洞察力半端じゃありません  植物好きじゃないとここまで見えません  とっても目の保養になりました

其一さんの夏秋渓流図屏風も現実と非現実が入り交じり奇妙だけど新しい

こんな二人のような感覚があるのだと発見がありなんだか嬉しくなりました

根津美術館 建築と庭がなじんでいます カフェが素敵です

庭の燕子花の様子  光琳さんもこんな景色を見ながら燕子花図屏風を仕上げたのかな

バラ園みたいに花がうるさくないので落ちつきます


45回の閲覧